カニコーセン@千鳥温泉。

ちょっとサボっておりましたライブ・レポート。
お蔵出しみたいにまとめてやります。
良かったら、全部読んでね。

まずは、12月25日先日の土曜日のクリスマスの日の昼間。
この日は年末恒例、カニコー銭湯ライブ。
此花区、千鳥橋の千鳥温泉で、
カニコーセンのライブ観て、銭湯にまで入れるという極楽コースでしたよ。

この千鳥温泉、ライブの時は暖簾が変わる。
ザ・たこさんのアンドーデザインの「ブルース湯」。
ええ暖簾や。

で、ライブ。まずは、「ナチュラルフォーク」から。
もしかしたらカニコーセンで一番初めに好きになった曲かもしれんこの歌、
久しぶりに聴けた。嬉しい。
この無力感、ほんまに映画のワンシーンのようや。

続いて「ベッドタウン・ブルー」。
なんや今年は例年とは違って、しっとり始まりましたよ。
これはこれでええなあ。

おお!その上「播州平野に黄砂が降る」に「インクライン」。
たまんねー!この流れ。ワシにとっての神選曲やわあ。


此花区の下町の銭湯、カニコーセン君の歌が馴染んで、壁に音楽が染み込んでいくような、
逆に今まで壁に染み込み続けた人生が、カニコーセンの歌で溶け出してるような、
感じたことのない一体感、味わってる。

それはそうとカニくん、歌、上手くなってる気がする。
声の伸びが気持ちいい。
銭湯の脱衣所やからかもしれんけど。

次の曲も、しみじみええ曲なんやけど、曲名が出てこない、、。
けど、その曲、途中でぶった斬って、、
やんごとなき方、登場!
ここからもう一方のパスティーシュ・アホ路線カニコーセン、炸裂。
どっちもカニコーセン、どっちもあってカニコーセン。

初めて聴くなあ、森田療法に寄せる歌「あるがままに」。
もちろん、あの世界一有名なくらいの曲のメロディで(笑)

「ポールの曲やったので」と始めたのは、
ポールの元相方が作ったこれまた
むちゃくちゃ有名なクリスマスソングのメロディで。
これは直訳部分もある、
この季節の歌に仕上がってました。

イギリス勢に続いて、今度はアメリカの盲目のスーパースターの曲が、
見事に音頭調に(笑)
おお!久しぶりに「君の家の犬の瞳に恋してる」。
これこそパスティーシュの極みやな。
一曲に何曲入ってるんやろ。
音楽的にはマッシュアップってゆーんだっけ?

「ザッカーバーグが輪を描いて」に続いては、
今日はコンパクトに物販紹介コーナー。

おお!「サンデードライブ」久しぶり!
やっぱりこの曲好きやなあ。
親としての自信が持てない男の泣き言が切ない。

「学校お化けを見た翌朝に」の終わりぎわ、
なんか、誰かの声がして、「え?ほんもののお化け?」と、ちょい怖くなったけど、
カニくんが操作ミスしたようで、
またやんごとなき方が少し話し始めてしまったようだ(笑)

「川にちなんだ曲二曲続けてお聴きください」。
一曲目は「ゴッホの耳」。
二曲目は、何度かしか聴いたことないけど、
ほんまにカニくんの地元加古川の河原を歩いてるような歌、ええ曲です。

突然、電飾が周りだす!(カニくんがスイッチ入れたんやけど)、
「おいで自分自分」て、歌詞の可笑しくも哀しい曲。

ラストの曲は、オヘンホンさんとのユニット「空空クラブ」から「ありふれたドラマ」。
そのまま「ウィ・アー・ザ・ワールド」で、感動のフィナーレ(笑)

いやあ、しっとり路線から、アホ路線、もう一度ホロリとさせて、最後は大爆発。
ようできた構成で、ずっと楽しませてもらいましたわ〜。

ライブあとは、近所の「シカク」さんで自主制作本あさり、
千鳥温泉に戻って、ひとっ風呂浴びる。

ほんまに極楽やないすか!
この辺り、暮らしやすそうやなあ、
と思いつつ、のぼせる直前まで、風呂に浸ったのであります。

音楽界のドンキホーテ、もしくは業務スーパー、いやいやスーパー玉出やろ、
と、その安さで有名なカニコーセンのCD&グッズはこちらから。
この日新発売のカニコー銭湯タオル、ワシ、早速使いました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

大阪、冬本番。