現代、洗練、普遍。映画「パリ13区」。

先週の話だけど映画「パリ13区」を観てきた。

すごく洗練された映像で、
人種、性的嗜好が自然に入り乱れ、同居している
ダイバーシティ最先端の現在のパリの、
現在らしい恋愛模様を描いている。
と言っても、ラブストーリーというよりは、
普遍的な人と人とが繋がることの難しさや、面白さ、驚きを描いているように思える。
軸となるふたつの関係が、少し絡みながら、
並行して進んでいくことで、
単なるラブストーリーではなく、現代を切り取りつつ、
人間の普遍に迫る社会派の映画になっている気がした。

と言っても、小難しい理屈などは一切出てこない。
素直に、映画の世界に入っていけて、
ストーリーに一喜一憂しながら、
観終わって、振り返ってみると、
「そういう映画だったなあ」と思うって感じだ。
そういう意味では、映像だけでなく、
ストーリー運びも、すごく洗練されている、ということなのだろう。

予告編には「大人になれない大人たちの恋愛物語」とあって、
確かに登場人物は大人になりきれてない人たちかもしれないけど、
映画としては、すごく大人な映画やったなあ、と思いました。

パリを舞台に、こんな汚れた部分もちゃんと描きつつ、
なおかつ洗練されて、かっこいい映画、観せられると、
「日本って、ほんまお子ちゃま国やなあ、かなわんなあ」と
少し、寂しく思ってしまうのでした。

観終わってから、知って、驚いたんやけど、
この映画の原作、と言うか、モチーフになった、
エイドリアン・トミネの短編小説、
日本語訳してるのが、会社員時代の後輩の長澤あかねさんやった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA