玄関チャイム恐怖症。

実はワシ、玄関チャイム恐怖症です。

就職したてで実家の2階に住んでた頃、
中学校の同級生で受験に失敗してメンヘラ系になってもた奴に
朝に夜に尋ねられて、
関係代名詞や微分積分の話、十字軍の話、
時には国民保険の期日を教えられたりして、
こちらもメンヘラになりそうで、チャイムが鳴ってもワシは一切出ないで
おかんに出てもろて居留守使ってました。

ある日、家に一人でいるときに、玄関チャイムが!
パニクッたワシは布団かぶってジッとしてました。
すると、何かの割れる音が…。
恐る恐る一階に下りたワシが目にしたのは、
窓ガラスを割って今にも侵入しようとする泥棒の姿でした。
同時に向こうもワシの姿に気付いたようで、
そのまま窓を越えずに逃げてくれたから良かったですが、
もう少しワシが遅れてて、部屋に入られてたら、居直られたかもしれん、
と思うとワシはその場にヘナヘナとへたり込み、
しばらく警察へも連絡できませんでした。

それ以降、チャイムが鳴ると出るのも怖いし、出ないのも怖い、という
玄関チャイム恐怖症が完成されてしまい、未だに玄関チャイムにはびくつきます。
客が来るとか、宅配便が届く、とわかってるときはいいのですが、
それ以外のチャイムは、メチャクチャビビります。
寝てるとき、チャイムが鳴った気がして、
飛び起きてしまい、こっそりドアスコープから覗いて安心するも、
ずっとチャイムの幻聴が聞こえて、寝不足になったり…。

だから宗教関係の方、訪問販売の方、うちだけは避けて通ってくださいね。
お願いだから。
…てことをここで書いても仕方ないか。

昨日、久しぶりにチャイム幻聴で2回ほど起きたので、思い出した次第です。

この話で思い出す曲は、メン・アト・ワークのこれ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です