昨日ダイジェスト。

昨日昼間は、居心地悪いまま、六本木美術館巡り。
30代の頃は、年間半分近く東京出張で、
もしかしたら一番よく飲んだ街かもしれないのに、
やっぱり、よそモンな気がして、居心地が悪い。
せめて、だんさんのゆにおん食堂にお邪魔したかったんだが、土日休みで残念。
オフィス街だから、仕方ないか。

まずは森美術館で、日本の現代アートのスターたちの作品を鑑賞。
なかなか苦手な分野ではある。
ワシは基本、タイトルとか説明とかがないと、成立しないもんは、
あまり好きではない、と改めて感じた。

その点でいくと、やはり草間彌生さんの、文句なくゾワゾワとする感じと、
奈良美智さんの、裏っ側に感じるヒリヒリするような悲しさは、
説明なくても直接訴えかけてくる。
あと、杉本博司さんと李禹煥さんの力強く圧倒的な美しさは、
分からんまでも、認めざるを得ない気がした。
村上隆さんは、昔から少し苦手、企みやレトリックが前に立って、
作者の内面が見えてこない気がするのだ。
ワシの洞察力の問題かもしれんが。
入口のハードルの低い分かりやすさと、
それをアートに持ち上げようとする理屈も、
なんとなく言い訳感を感じてしまい、「アーティスティックなデザイン」の
イメージから、抜き出てくるものが、ワシ的にはない、
という印象に変化はなかった。
宮島達男さんは、試みも素晴らしいし、共感もするのだが、
これがアート?と思うと、納得には至らない。
ワシのアートの概念が狭量なのかもしれない。

観終わって、出ると「スカイデッキ(展望台)」の案内。
ワシは極度の高所恐怖症なのだが、
「せっかくなんで、まあ観ておくか」と500円払って入ると、
「荷物落下防止のため、貴重品、カメラ以外のものを
ロッカーに入れてください。」と言われる。
何?どこから荷物が落ちるってのだ。
嫌な予感しかない。
しかも荷物預けたあと、エレベーターに乗る。
もう50何階なんやから、ここからの眺めで十分やのに。
果たして、着いた先はヘリポートであった。
もう、何も見ずに、すぐにでも帰りたい気分なのだが、
関西人の貧乏性が出てしまう。
出来るだけ内側から、一周する。
東京湾や東京タワーがこんなに近いのか。
スカイツリーの彼方に見えてるのは、筑波山か?
皇居の向こうには、昨日近くに行った武道館も見える。
内陸方面には、新宿副都心がそびえ、御苑、外苑、明治神宮の森が広がる。
やはり東京は緑が多い。これは羨ましいなあ、と思う。
晴れてたら、西には富士山が見えるんだろうな。

たぶん滞在時間5分程度で、そそくさと戻る。
腰がだいぶ痛くなってきたので、国立新美術館までタクシーに乗る。
近いけど、今は仕方あるまい。
国立新美術館は、展示室の前に山ほどの椅子とテーブル。
感染防止のためと一切の椅子をなくしてる、昨日の国立近代美術館と大違いや。
同じ国立やのに、この考え方の違いはなんやろう。
悪く言えば、ダブルスタンダード、
よく言えば、各々の判断に委ねられてる、ということなのだろうか。
とにかく腰が落ち着くまで、座らせて頂く。

展示は、かなり面白かった。
漫画を中心に、映画やアニメなどフィクションに出てくる江戸〜東京を、
江戸時代から近未来まで、いろんな形で観せてくれる。
腰が心配だったので、駆け足で観たが、
もっと時間かけて観たい、充実した内容だった。

再び休憩ののち、メトロで浅草へ。
実を言うと、新幹線より、メトロの方が、腰には辛い。
立ってるより、座った方がマシはマシなのだが、
揺れが前後に来る新幹線と違い、左右に揺さぶられるメトロは、
腰への負担がでかいことに前日に気がついていた。
「動かない、背もたれのある椅子に座りたい!」
それがようやく実現したのは、神谷バー。
入るなり近くにポマードベッタリ、73分け、ポケットチーフのオッサンが、
ハバナ帽の手入れを始める。
さっき国立新美術館で観てきた昭和そのもんやん!
やはり浅草は楽しい。
その隣では先に帰るおっさんに、残ったおっさんが
「よろしく哀愁」と挨拶してる。たまらんなー。
六本木で緊張してた肩から力が抜けてゆく。

と、そこに登場したのは、関西から東京に移住したノコギリ弾き女、國木まちこ。
会った瞬間からお互い笑いっぱなし。
考えてみれば、一年半以上ぶりなのだが、
そんなこと、全然気にならず、昨日西成でしてた話の続きするかのように、
話が止めどなく続く。 
2時間弱であったが、話し足りない気分。
「あと2時間は話したかったな」
「けど、あと2時間話しても、『あと2時間話したかった』言いそうやな」
言いながら、別れ、ワシはなってるハウスへ。

なってるハウスでは、良元優作さんのライブ。
横ちんもゲストで入り、優作さんの曲にも参加。
大阪組や、大阪のライブにもよく来る関東組もいて、
浅草のなんとなく呑気な感じと合わさって、
ワシ、すっかりリラックス。

ライブも良かったし、そのあとの優作さん交えてのトークも笑いっぱなし。
お店変えて、焼き鳥屋でもう少しだけ飲んで、
ホテルでぐっすり寝たのであった。

明けて本日、今日の「しゃぼん玉感謝祭」の開催地、
名古屋に向かって、新幹線に乗る。
皮肉にも、東京来て、初めて見た青空は、帰りの新幹線の中からだった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ミュージアム梯子。

次の記事

本日の地域振興。