伊丹十三記念館。

10年ほど前に来て、気に入ったのにあまり時間なくて、
ゆっくりできなかった伊丹十三記念館
今回はたっぷり堪能いたしました。

覚えていたのは、黒塗りの板壁と、静かな中庭だけ。
今回は、展示品も時間をかけてゆっくり見られた。
常設展では、伊丹十三さんの多才な面を、
名前に引っ掛けて、十三の側面から、掘り起こす。
展示方法もユニークで、イラスレーターのコーナーの展示では、
長い布に印刷された数々のイラストを手回しのローラーで
回しながら見たり(エスカレーターみたいになってる)、
料理好きのコーナーでは台所風タイルの展示版になってたり、
展示品が引き出し式になってたり。

十三のうちには「猫好き」の面もあったりして、
それが伊丹さんを語るに欠かせない要素なのが、
なんだかほっこりして嬉しい。

しかし、多才な人だ。ワシはエッセイが好きで、
映画もわりと見てたんだが、
CMも伊丹さんにしかできないような
ユニークなもんだったし、
料理に対する造詣も凄い(これはエッセイで知ってはいたが)
デザイナー時代のタイポグラフィーも、
実にいいタイポだった。

いろんな要素が重なり合って、
最後に映画に向かったのは、
遺伝も含めて必然だったのだろう。

見終わったあとは、
(ホントはこれがしたかった)
中庭のベンチに座って、
昼寝しそうなくらい、ぼーっとした。
今日の松山は快晴。
夏に戻ったかのような陽気。
ときどき鳥の声が聞こえてくるだけの
静かな中庭は、幸せ感の増幅装置だった。

また、来たいと思いながら、記念館を後にした。

おまけ。
帰り、路線バスを待つバス停の前、
ラブホかと思うような建物は、
伊丹さんもCMしてた松山銘菓、一六タルトのお店だった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA