こはもと正、カオリーニョ藤原、山村誠一トリオ@釜晴れ。

3月3日、夜の部は、沖縄からこはもと正さんを迎えて、
カオリーニョさん、山村誠一さんのトリオで、釜晴れライブ。
ステージ衣装?3人ともオーバーオール(笑)
とりあえず、オーバーオールズと命名。

かわいいキャラクターみたいに見えて、音楽はエグい。
いきなり「愛のさざ波」のセカンドラインバージョン(笑)
この日は雛祭り、誠一さん曰く「三人官女」らしいです(^_^;)
普段から仲の良い三人、
MCもダジャレ混じりでめっちゃ楽しいです。

あー久しぶりに聴く、こはもとさんのサックス、
ときに甘く、ときにえぐり出すくらい鋭く、
空気を操ってる感じがたまんないです。
そしてカオリーニョさんも、誠一さんも、
大阪を代表する名うてのミュージシャン、
三人で作ってるとは思えないグルーヴ感!

おっと!大チャレンジ!!
こはもとさんが「マイファニーバレンタイン」を歌った!
めっちゃ恥ずかしそう(笑)
演奏は、めっちゃ甘くロマンチック。
この3人、なんでもできるわー。

一部のラストは、アンチェイン梶さん作の「サルカムエブリィバディ」。
こはもとさんのサックス入ると、こんな感じになるのか!
めちゃめちゃかっこいい!

ちなみに今日の料理はすべて、誠一さんお手製の味噌で作った料理。
この味噌がクソうまい!!
すじ煮込み、味深くて今まで食った中で最高かも。
味噌カレーも、深みがあって飽きない味!

おまけで釜晴れの女主人、サナエちゃんが最近凝ってる昭和30年代のエロ雑誌。
ちょっと見せてもろたけど、ぜんぶめっちゃ笑ってまう(笑)

二部はこはもとさんと誠一さんの二人で「てぃんさぐぬ花」から。
あーこのまま、まどろんでしまいたいくらい、楽園ミュージック!!
MC、めっちゃおもろかったけど、ここでは言えまへん(笑)

次は二人で作った新しいオリジナルソングを。
ロマ音楽を意識して作らはったらしいけど、
ロマになんとなくクレズマーやファドも混じってる気がする。
哀感の溢れる素晴らしい曲。
ひと耳惚れしましたー。

カオリーニョさん加わって、ムーディーなボサノバの曲を。
題名聞き逃したけど、なんか知ってるメロディ。
誠一さん言ってたけど、こはもとさんはメロディラインを追うのがうまい。
艶っぽいどころか、エロいほどの大人っぽいサックスで、
ええ感じに酔いそうになる。

続いてのボサノバ「イパネマの娘」も、素晴らしかった。
この曲、いろんなカバー聴いてるが、聴いたことのない質感だった。

あ!誠一さんにサッチモが乗り移った(笑)
「素晴らしきこの世界」をワンフレーズ歌った。
コソバシだったらしく(笑)もとい!で
カオリーニョさんが、クロちゃんバージョンの訳詞で。

「ドント・ジャスト・ノウ・イット」で
観客も含めみんなでシャウト。
ラストも全員で「パピプペポ」とシャウト。
楽しいー!

アンコールは「夕日は登る」でしっとり終わりました。
「逆行人生」歌いたかったのが、ちょっと残念(笑)

打ち上げも楽しすぎて、また記憶落として帰りましたー!

こはもとさんはエレメント・オブ・ザ・モーメントの曲を。

山村誠一さん、林栄一さんともやってたんか!

カオリーニョさんは昨日聴けなかった逆行人生を。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です