市村マサミ、カニコーセン@ハードレイン。

退院後、二回目のライブはハードレイン。昨日行ってきました。



まずは市村マサミくん。久しぶりやなあ。
いきなり始まる技能講習の一人芝居、
そこはかとなく漂うダメ臭、ええ始まりです。

音楽始まる。
変化球っぽくもあるが、真っ直ぐ耳に届く声、
ひねりの効いた歌詞、ちょいと切ないメロディ、
ワシの好きな市村くんの世界が広がる。

お!また別人格で出てきた。
今日は曲ごとに別人格でやる趣向か(笑)
おしゃべり好きなおばはん、
ちょっとややこしくて女々しいおっさん、
みんなダメそうなとこは共通してるか(笑)

本人としては、真っ直ぐ真面目に生きてるのに、
人から見ると、可笑しくて、哀しくて、切ない。
市村くんの歌には、そんな人が、いっぱい出てくる。
と言うか、そんな人しか出てこないか。
そして、そんな人の歌は、ワシが好物とするところなのだ。

「この世に何も残したくないけど、どうやらそれは無理らしい」って歌詞が
ワシのど真ん中に刺さる。
それはワシがこの頃、相克してることだからか。
何か知り合いでない人の記憶にも残るようなことを成し遂げたい気持ちと、
いなかったかのように消え去りたい気持ち。
どちらも本気なんよなー。

市村くんのギターが、なんか繊細でええなあ。
ギターにマンドリンが混じってるみたいな音の感じが気持ちええ。

市村くん、歌詞もええし、声もええし、ときどき狂気を孕む表情もええ。
なんかフォークロックの王道感あるよな。
もっと有名になってもええ人なんちゃうかなあ。
ラストの「生命万歳」聴いてて、ほんまそう思った。ち
ょっと野蛮で、だけど美しくて、ほんま名曲やなあ。

市村くん、歌詞もええし、声もええし、ときどき狂気を孕む表情もええ。
なんかフォークロックの王道感あるよな。
もっと有名になってもええ人なんちゃうかなあ。
ラストの「生命万歳」聴いてて、ほんまそう思った。
ちょっと野蛮で、だけど美しくて、ほんま名曲やなあ。

市村くん、音源はこちらから

市村くんの対バンとしては、理想的やなあ、後半はカニコーセンくん。

おお!今日は一曲目、久しぶりにワシの好きな「ナチュラルフォーク」から。
ライブで聴くの、めっちゃ久しぶりな気がする。
もしかしてワシが何回かリクエストしたことあるから、
気を使ってくれたんやろか。
申し訳ないけど、ありがたい。


一所懸命になっても届かないものってやっぱりあるんよな。
曲もええんだけど、それをひとことで表現してる
「ナチュラルフォーク」ってタイトルは、素晴らしいと思う。

たぶん大っぴらに歌うと右の方からどやされそうな、
世が世なら不敬罪に問われそうなあの曲が、また進化しとった(笑)

いやあ楽しい!
やっぱりカニコーセンくんのライブは、
確実に楽しませてくれる。
本人泣き腫らしてでも、素っ裸になって、ちんちん晒してでも、
楽しませてくれる姿勢は、ありがたいけど
「なんでそこまで」と思う気持ちがないではない。

物販紹介は、本日特設のショッピングコーナーにて。

「学校お化けを見た翌朝に」も、久しぶりやなあ。
この曲わじわじわじわ入ってきて、
今やワシのカニコーセンランキング、
ベスト5に入りそうなくらい好きな曲になってきた。

題名知らんけど、唐揚げの値下げ率の歌、
めっちゃブルースでロックで情けなさ通り越してかっこよかったっす!
「マジで感謝」は、ワシもボンボン振らせて頂きました(笑)

カニコーセンくんの音源はこちら

ラストは、市村くんと一緒に「ウイ・アー・ザ・ワールド」を途中で爆発させて、
終了(笑)
なかなかアバンギャルドな展開、これも楽しかったっす!

めっちゃ楽しかったんやけど、
まだ病院リズムで生活してるワシは、
終わった頃、そろそろ眠たくなってきてしもたんで、
終わり次第、ご挨拶だけして、
そそくさと帰ってしまった。

帰り、毎年「ええ夜桜」と思う公園を通りかかる。
今年も、きれいなうちに見られて良かった。
照明が絶妙。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

雨の日の日曜日は。

次の記事

映画「生きろ」。