良元優作&ナオユキ@十三吉見酒店。

昨日は十三の吉見酒店に。
この二人のライブはできるだけ観逃したくない。

始まる前、お店のモニターでポーグスの「ダーティーオールドタウン」やってて、
シェインのすきっ歯、やっぱ凄いなあ、思ってたら、
優作さん「この曲からやろうと思ってたら、
いきなりかかってビックリしましたわ〜」言いながら、
「ダーティーオールドタウン」で始める。
えらい偶然。なにか起こりそうな予感。

二曲目は「たーちゃん」。吉見酒店のご主人は鈴木常吉さんのファン。
「たーちゃん」は鈴木常吉さんの「ミノくん」と同じメロディ。
リハのとき「常さんパクってるんちゃうか?」言われたらしい(笑)
「はい、パクりました」と素直に答えたらしい(原曲は、確か別にあったはずだが)
ギター変えて「月と金星」、「サンバレー」と、優作さんの家族の歌が続く。

サンバレーのギター、涼やかに流れてたなあ。
そのせいか、なんか映画観てるみたいにその歌の情景が頭に浮かぶ。
それはちょっと賑やかで、微笑ましい、兄弟姉妹の姿。
家族シリーズは続く。その次は「マミー」。

優作さん、今日はサンダルなんで、足の指まで見える。
右足と左足で随分力の入り方が違う感じがして、面白かった。

「天ぷら」では、ちょい歌わせて頂きました。
「ジェラス・ウーマン」は、久しぶり。
ふちふなさんの「愛さずにいられない」。
ナオユキさんが渕上純子さんの歌「全部の毛穴から声が出てる」と、
表現しはったことがあるらしい。
めっちゃええ表現!!
ラストは鈴木常吉さんの「水の中の女」。
嬉しい!

このお店には、昔、鈴木常吉さんがライブされるとき、来たことがあって、
そのツアーのフライヤーも作らせてもらったのだけど、
鈴木さんのサイン入りのフライヤーを今でも大事にして、
壁に飾ってくれてはる。
嬉しいなあ。

続いては、ナオユキさん。
この仲良し二人のコンビ、久しぶりやなあ。むっちゃ嬉しい。
三日前に橋の下で観たばかりやけど、
やっぱりおもろい。

十三の酒屋でやってる分、
なんか余計リアリティを感じる(笑)
今日は酔っ払いオンパレード。
ああ、困ったやつばかり出てくる。嬉しいー。
ああ、表情がおもろい。
近くで観られるときは、ネタより先に表情で笑ってしまう。

いきなりの世相斬り。
うんうん!ワシもそー思う。よ〜ゆ〜てくれはった!
ここでは言いにくいが(笑)

終盤、やさぐれ女かいつもより凄い勢いで出てきたぞ(笑)
おおお!!ワシの好きなガム噛んでへんじいさんで終了。
ああ、今日もおもろかった!

最後はご主人のリクエストでお二人の共演。
ナオユキさんのリズムに乗った語りは、おもろいわ、かっこええわ。
優作さんのブルースギターも、すげえかっこええわ。
たまらん共演でした。

終わってから、なんだかお二人、+数人で和気あいあいとお話させてもらった。
この日、ナオユキさんを初めて生で観たという吹田の青年は、
テレビでナオユキさん観て「こんな面白い人がいるんや!」「生で観たい!」と
十三まで来たらしい。
全国ネットのテレビで観たので、ナオユキさんを東京在住やと思ってたらしく、
大阪在住だと教えると「ほんまですか!!」と凄い喜んではった。
良元優作さんのことも気に入ったということなので、
これからいろんなとこでお会いできるかな?
他にも京都の一乗寺から自転車で来た、というツワモノもいた。

楽しくて、帰りづらい夜だったけど、
最終少し手前で、ナオユキさんと電車で帰る。
電車の中まで楽しい時間過ごさせて頂きました。
ありがとうございます!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です