朝から野坂昭如、そしてCM音楽の巨人、桜井順。

You Tube、流しっぱなしにしてたら、
突然この歌が始まった。

なんかすげえ。
野坂さんの歌って、なんかめっちゃパンクを感じるなあ。
唯一無二、もう野坂さんにしか出せない声だし、世界だし、
歌詞もすごい。

歌詞カードには「国家甲羅」と書かれている言葉。
歌で聴くと「コカ・コーラ」。
アメリカの象徴。
この歌が世に出た1969年頃と言うと、70年安保の時代。
「コカ・コーラ」を「国家甲羅」と当て字するのは、
アメリカという国家に甲羅のように守られてる日本を揶揄してる、
と、取るのは、穿ち過ぎであろうか。

当然、野坂さんの作詞だと思って調べたら、
作詞は能吉利人さん。これは作曲家、桜井順さんの作詞家ネームらしい。
つまり「マリリン・モンロー・ノーリターン」は作詞・作曲とも桜井順さんなのだ。
三木鶏郎さん経由で野坂さんと繋がったのか、
野坂さんに、いろいろ詞を提供してて、
戸川純さんがカバーして有名になったバージンブルースも、
作詞、能吉利人、作曲、桜井順による作品だったんやな。

同じく野坂さんの代表曲、長谷川きよしさんで有名な「黒の舟唄」も、
能吉利人、桜井順のコンビ、というか桜井順さんの作詞作曲。

桜井順さんは三木鶏郎さんの系譜なので、
CM音楽作曲家としても有名で、
エースコックのワンタンメンの「ぶたぶたこぶた」などの
ワシの記憶に刻み込まれた歌も手掛けておられる。
そういう商業的な歌と、
真逆にも思える、こういうアグレッシブな音楽との
両方で一流って、凄いことやなあ。

野坂昭如さんと桜井順さん、なんか俄然興味が湧いてきた。
野坂さん、自分で歌う歌の作詞は桜井さんに任せてたみたいだけど、
それ以外は、自分でも作詞してはる。
やはり鶏郎さんの系譜か、ハトヤやハウスバーモントカレーのCMソングを
いずみたくさんと組んで手掛けておられる。
ワシの身近なところでは、阪神百貨店のテーマソングも同じコンビで、
これは由紀さおりさんが歌っておられる。

意外なところでは、今はどうか分からんけど、
ワシらの世代なら、たいてい知ってる童謡「おもちゃのチャチャチャ」も、
野坂昭如さん作詞らしい。
なんか頭が混乱してくるくらい、フィールドが広いな。

野坂さんと言えば、いきなりクレイジー・ケン・バンドと共演したのも、ビックリしたな。
ということで、最後に「マリリンモンロー・ノーリターン」に、リターンしましょう。
(エヘン!上手いことゆーた!)←(そうでもない)
クレイジー・ケン・バンドとの共演バージョンです。
「黒の舟唄」も、どうぞ。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

貝原益軒「京城勝覧」。

次の記事

新しい言葉。