映画「青くて痛くて脆い」で、脆くも泣きそうに。

映画「青くて痛くて脆い」観て来た。(※多少ネタバレあり)

なんで、こんな今の若い人に人気の青春小説の原作ものを、
還暦秒読み間近のおっさんが。。
しかも、泣きそうに、、。

あれなんす。これ、鈴木常吉さんの最後の映画出演作なんですよ。
常吉さんワシが行った最後のライブの時、
「今度、オレ、女子高生と共演するんだぜ〜〜」って言ってたけど、
この映画のことだったんすね。
映画の中のサイドストリー的な部分ですが、確かに鈴木さん、
JKと共演してました。
女子高生が歌ってる後ろでギター弾いてました。
歌ってたのは、確かこの歌。

JKが。なんちゅう選曲や。
で、「これが、ワシが見る最期の動いてる常さんかも」と思うと、
ストーリー的には全然泣くようなシーンではないんですが、
泣きそうになったってことですわ。

映画自体は、いろいろ複雑にネジくれた
今時の青春ストーリーって感じで、それなりに切なくて、
面白かったです。
詳しきくは、公式ホームページで。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA