Cherry’s 〜武藤雅孝×富樫春生×伊藤大地@ムジカジャポニカ。

公式には本日、大阪の繁華街に酒が戻って来た。
武藤雅孝さん、富樫春生さん、伊藤大地さんのCherry’sで、祝おうではないか。
実は、ワシはCherry’sでは、初ライブだった。
富樫さんはワシと同い年で、アンダーグラウンドから超メジャーまで、
歌謡曲から、ロック、ポップス、ジャズまで、
日本の音楽界の生き字引みたいな人だし、
伊藤大地さんは今をときめくSAKE ROCKのドラマーで、
ワシもいろんなバンドですごいのん聴かせてもろてるし、
武藤雅孝さんは、あまり存じ上げなかったのだけど、この二人が組む人だし、
絶対に間違いないやろ、思って、ほとんど前知識なしで来た。
ほんで、やっぱり間違いなかった!

男くせえ! 骨太え!かっこええ!おまけに大人っぽい。
基本はジャズ混じりのロックって感じなんかな。
腰にズドンと来る音楽やな。
冨樫さんは鍵盤もボーカルも、さすがベテランの中のベテランやなあ。
どこを切っても一流の音がしてる。しかもでかい(笑)
大地さんの、ドラムは、ほんま小気味いい。
あるべきところにバシッバシッと決まって来る。
武藤さんのベースは、すごく太い音で、安定してるけど、
安定したまま、不意に攻撃して来る感じなんで、油断ならん。

武藤さんのボーカルは意外と爽やか(笑)
ちょいシティポップな感じもある。
ほんで、大地さんの口笛!
これがまたきれいで、カッコいい。
あんなにバシバシ、ドラム叩きながら、
ようあんなメロディアスな口笛、吹けるもんや。

おお大地さんのリードボーカル!ちょいとブルージーで、
甘さとちょい悪い感じもあって、モテそうな歌や(笑)

ボーカルも三人三様、幅の広いバンドですなあ。

「ボクの彼女はストーカー?」すげえな。
なんかパンクとジャスがハイブリッドしたみたいな曲で疾走感もグルーヴもある。
大地さんのドラムのキレ具合がたまんない。
冨樫さんのボーカルも、半端なく切れてる。

演奏能力、三人ともすごいんやけど、
それを目的とせず、エンターテイメントへの手段として消化し切ってるとが、
一流の一流たる所以、て気がした。

ほんまに目を瞑って聴くとCD?と思うくらい完成度高いんやけど、
生やないと感じないドキドキもすごいんで、
「やっぱり生なんやなあ」と実感する。

インストやと、ちょっとポップなキース・ジャレットとかチック・コリアみたいな気もする、
すんません!キース・ジャレットもチック・コリアもよう分からんままゆーてます!

ラストのインスト曲は、もうまるでフリージャズ。
すげえ熱量。その中でも大地さんのドラムソロ、マジすごい。
もう、何がどうなってるやら、訳分からんけど、
音の塊がドスン!と襲ってくる。
快感ですわ。

アンコール、そらあるわな。
「あたしのせいよ」ちょっとムード歌謡っぽい歌。
ほんま幅広い。
サビ部分のハモり!(笑)
素晴らしいんやけど、笑ってしまうわあ。

プロの技に転がされまくって、
楽しんだ夜でございました。

終わってから、少し大地さんと話せた。
いつ以来やろ?たぶん、二年くらいぶりやと思う。
このまま、おさまってくれて、また頻繁に聴きたいドラムだった。

店を出た21時は、ちょうど大阪の閉店要請の時間。
久しぶりにフラフラ楽しそうに歩く、酔客が溢れてて、
避けて通りつつも、嬉しくなってしまった。

Cherry’s。及び富樫さんの音源は、こちらから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA