NOMURA EXPO

秋の拾得2DAYS !」2日目。

ウルトラ迂闊!!
始まる時間、2時間も勘違いしてて、OAの松井洋介くん、間に合わず。
ドクロズ、最後の曲の最後のジャン!くらいだけ、聴ける。
つまり、ほぼ間に合わず。
ドクロズ、あとのせい子ちゃんのMCで言ってたけど、むっちゃ面白かったらしい。
ほんま残念!!

土曜日の野村麻紀ちゃん追悼のNOMURA EXPO。
「休日やのに、始まるのゆっくりやなあ」思ったんやから、
確かめれば良かった。
ほんま迂闊。松井くん、ドクロズの皆さん、何より野村麻紀ちゃん、すんませんでした!!

とりあえず、一番手前の席座る。
頭から観られたのは、ふちがみとふなとさんから。
二日前も同じステージでふちふなさん観たけどね。
この席、純子さんがほぼ観えない。
しゃーない、今日はビジュアル的には船戸さんオンリーで楽しみますわ。
スピーカーも近いので、ベース音が、ズシンズシン響く。
こらはこれで気持ちええなあ!
「キゾタホテル」からの「愛さずにいられない」。
ええ始まり方やわ。

ふちふなさんの音楽は、どの曲も色がついてるなあ。
「秋の日」は、赤から茶っぽい色。
悲しげにも思えるけど、それより柔らかく温かい気がした。

野村麻紀ちゃんのカバーを各組一曲はやるらしい。
ふちふなさんがカバーしたのん曲名知らんかったけど、すげえいい曲やった。
他にもええ曲、いっぱい書いてはった。
ほんまに惜しいなあ。
秋は日に日に、昼が短くなり、寒くなって行って寂しい季節ではあるけど、
考えようによっちゃ、温かさを喜べる季節でもある、
ということをふちふなさんの音楽は教えてくれる。

さあ雰囲気ガラッと変わって「AKUU」。
さっきまで退屈しかけてた近くの小さなお友だちの目が輝き、踊りだました。
ふちふなさんの音楽は、そういう面もあるんやなあ!
そのお友だち、この歌知ってたわけではなさそう。
一発ではまったな。

次は「ワイルドサイドを歩け」。
すごいテンション!二人とは思えんグルーヴ!
最高!お友だちくん、この曲もお気に入りのよう。
なかなかロケンローな子や(笑)

最後、再びまきちゃんのカバー。「お腹が空くのは良いことだ」って歌詞の歌。
音頭っぽい手拍子入り。
お友だち、この曲も気に入った模様。

なかなか和気藹々、麻紀ちゃんらしいライブになりましたなあ。

そしてトリは夕凪。せい子ちゃんの「麻紀行くで!」で、スタート。

ああ、久しぶり!この美しき爆音。
「麻紀が愛した場所で、麻紀を愛する人の前で、夕凪ができるのが嬉しい」
せい子ちゃんの言葉が拾得を温めながら、積もっていく。
麻紀ちゃんの言葉が、こういう言葉が、そしてもちろん様々な音楽が、
この場所には地層のように積み重なっているんだろう。
それが歴史だ。麻紀ちゃんは、もう拾得の歴史の一部なんだろう。

もう無茶苦茶気持ちのええ音の洪水、麻紀ちゃんも、喜んでるやろなあ。
けど今日の夕凪は、いつものツインドラムではなく、ドラム一人。
だからか分からんけど、音がシャキシャキしてるように感じる。
そして、鍵盤がいつも以上に歌ってる気がした。
こんな夕凪もええな!

おお麻紀ちゃんのカバーは、枚方パークの出てくる「急行列車」。
飲んだ朝、始発で大阪から京都へ帰るのかな?
この曲が、激しく優しい、夕凪らしい演奏に。

アンコールは、松井洋介くん、ドクロズ、ふちふなさんがステージに登り、
麻紀ちゃんの「セントラル」。

珍しいもんが観られた!船戸さんのエレキベース!
あ、片山尚志さんもいてはる。わ、なんかもう、ステージ人だらけ!
船戸さんのベース、かっちょ良かったー!

麻紀ちゃんらしい、あったかいあったかいライブでした!

麻紀ちゃんの動画は、ふたつとも拾得。
やっぱり拾得は、麻紀ちゃんのホームやったんやなあ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA