池田ちゃまら&山田兎@レインコート。

今日は、十三レインコートへ。
まずは、池田ちゃまらさん。
「塩と胡椒ショーショー」でチラッと耳にしたことはあったけど、
ゆっくり聴くのは初めてかな?
まずは、いなたいアメリカンな音楽から始まった。

ふむふむ、ええ声したはる。
ギターも特別なことはしてはらへんけど、丁寧で美しい。
オリジナル中心らしいけど、どの曲もスタンダード感あるなあ。
たぶん「500マイル」とか歌わはったら、似合いそうな気がする。
声もええし、ギターも上手い、情感もこもってる。
基本がしっかりしてて、軸ができてはるんやろなあ。

その分、ちょっとはみ出したような面も観てみたい気もした。
あと、ところどころ、バンジョーも一緒になってたらええかも、
と思う曲もあった。
つまり、バンジョーが欲しくなるくらい、
いなたく熱い演奏でございました。  

 

続いては山田兎さん。
近くは西成・京都方面、遠くは米子・紀伊田辺方面、
いろんな方面からお名前はよく聞くし、
何度かライブ行こうとしたけど、何かとタイミングが合わず、
「まだ期が熟してないのだな」と勝手に理由をつけてた方を、
今回始めて聴かせて頂くことに。

最初「見上げてごらん夜の星を」をインストでやられたんやけど、
そこに少しスゥイングっぽいリズムが入ったり、
ところどころにベース音を持ってきて、全部弾かなくてもベースライン、感じさせたり、
ちょっとためたり、走ったりする塩梅が気持ち良かったり、
相当センスのええ人なんやろな、とは思った。

歌い出すと、真っ直ぐなええ声してはる。
おまけに昨日はカサスリムことカサやんと飲んでたらしい。
気が合いそうな気がする(笑)

その次のセリフ混じりの歌「ロンリーマン・イズ・ヒアー」かな?で
世界がぐわっと広がった。
詞も、曲も、奥行きがあって、ええぞ。
次はどんな面を観せてくれるのか、ちょっとワクワクする。

おお!「氷の世界」を正面からカバー。
ちょっと勇気いるんちゃうやろか。
そう言えば声も少し陽水さんに似てはる。

俄然、気持ちが前のめりになって、体を乗り出すと、
近頃復活してしまった五十肩が痛くなってきた。
あと半年しかない50代のらうちに治しておきたいもんや。

「風のライダー」は、大人の爽やかさ、心地よい隙を感じる。
ええ曲やな。

「色なき風」は、秋のインスト曲。
ちゃんと弾けたこと2、3回しかないらしい(笑)
さて今日は?

ちょっと切なくて、めっちゃええと思ったけど、
自己採点は80点やったらしいです(笑)

「じゃんけん」は、大人と子どもが、
男らしさと子どもらしさの混じったやさしい歌やな。

山田兎さんのバージョン見つからなかったけど、
面白い歌だったんで、木村保志さんのオリジナルバージョンを。

最後の曲は「アー・ユー・レディ?」
最後やのに、今から?(笑)
ギターがきれいな優しい曲やな。
途中のブルースハープもええ味。
こんな静かな曲、最後に持ってきはるんや。
それもええ感じやな。

アンコールはリクエストがあって「アジアの黄昏」って曲を。
傍観者として夕暮れの駅前を見てるようなスタンスの出だしから、
日が傾くにつれ、
日の影が自分に伸びてくるように、
物語に自分が混じってくるような構成が面白い。

ほとんど知識なしで臨んだけど、
なかなか面白いライブを味わわせて頂きました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

大阪天満宮に冬、到来。

次の記事

映画「由布子の天秤」。