映画「悪なき殺人」。

なんかの映画観た時に、予告編で観て「けっこう面白そうやな」。
と思ってたけど、観に行こうとは思ってなかった。
怖いの苦手だし。

悪なき殺人」、コルトレーンの映画観て、すぐ後にやってたので観てみた。

いやあ、おもろかった。
観て良かった〜。
最初は単純な推理サスペンスかなあ、と思って観てたのだが、
途中から、いろいろ糸がもつれ始める。
同じ出来事を、違う人間から見ると、全く意味が違ってくる。
ようできた脚本やなあ。

そこに上手く現代にある問題、
普遍的な人間の哀しさ、
哀しさゆえの可笑しさを絡めてくる。
いくつか「?」って思うこともあったけど、
それはワシが観逃してるだけのことかもしれない。

エンターテイメントとして十分に機能してるけど、
全編通して貫いてる暗く不気味なトーン、
根底にある人間の哀しさが、
ただのエンターテイメントであることを拒んでいるようにも思える。
かと言って、シュールに走りすぎて、わかりにくいなんてことはひとつもない。
ストーリーについていくのに苦労はなかった。

エンディングのシーンは秀逸!
一周してきて、ストートラインと同じゴールラインに辿り着いたような
ある種の達成感、感じました。
さすがフランス!と思える、
ひねりの効いた面白い映画でした。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA