ヤギリース&矢野絢子@ピースクラブ。

先日の19日は大国町のピースクラブで、釜晴れの早苗ちゃん主催の
「じゅんこ もんてきたき 大忘年会」。
当初、釜晴れで開催する予定だったのだが、
参加希望者が多くて、会場を広いピースクラブに移したらしい。
矢野絢子ちゃん大人気やんか!

OAはチスンさん、スダッチに青柳林さんのヤギリース。
ヤギリースとしては初めて観るなあ。

「恋のメルトダウン」で会場盛り上げたあと、
「アリラン」〜「哀号」で泣かしてくれる。
さすがさすがの、ようできたステージ!
「哀号」は、ほんまええ歌やなあ。
肌に染み付いたような、ひりつくような哀しみと、
先祖から連綿と引き継ぐ生きていく意志と知恵が溢れてる。
スダッチ、青柳さんの控え目にガンちゃんの歌を
盛り立てるリズム隊が優しくていい!
思わず歓声が漏れる。

ラストの「夜の底」は、イントロのガンちゃんの
ブルースハープが切なくて沁みた。
ポーグスの「ダーティーオールドタウン」始まるかと思った。
(ワシなりの褒め言葉です。)
その歌もじわーっと沁みた。

短いけど、キュンとする演奏でした。
ガンちゃんのCDはここで買えるみたいです。

そして、矢野絢子ちゃん!たぶん今年初めて。
「もんてきたき」は、絢子ちゃんの住む高知の方言で
「戻って来たから」ってことなんやろな。
ピースクラブ、グランドピアノ、あるんや!すげ。

まずは名曲「てろてろ」から。

久しぶりの矢野絢子ちゃんの声は、
やはり真っ直ぐ、だけど柔らかく心に届く。


「ろくでなしって呼んで下さい」は主催の
釜晴れ早苗ちゃんのお気に入りらしい。
なんかわかるなあ。
めんどくさいもん、全部ほかして、裸で生きていくこと、
ダメでも人間らしく生きていくことを
全肯定するような曲やもんなあ。
会場も、大盛り上がり!
「いえーい!全員ろくでなしー!」
「ようこそ死に損ないー!」
絢ちゃんの乱暴な言葉に会場大喜び。
わはははは!ええ観客ー。

MCは当然、土佐弁の嵐。
それが、観客とステージの距離を、グッと縮める。

会場、換気をきちんとしてるので、ちょっと寒い。
尿意を催し、珍しくライブ中、トイレに。
トイレを出ると矢野絢子の声が聴こえて来る。
なんか幸せを感じてしまう。

絢ちゃんの「教訓I」は、少しゴスペルっぽくて力強い。
と思ってたら最後は観客でコーラス。
ほんまゴスペルやん!
教会でみんなでゴスペル歌って熱狂する感じ、
少しわかった気がする。

はすっぱなこと言っても、酒飲みでも、ガラ悪くても、
矢野絢子は、人間の魂を、心の美しさを、
どこかで信じてるんやろうなあ。
一部ラス前の感動的な曲聴いてて、そんな風に思った。

ラストの曲はガラッと変わってチャールストンっぽい楽しい曲、
「町の酒場で」。
最後はヨーデルまで飛び出して、楽しく一部終了。

二部はコーエン先生の「ハレルヤ」から。
絢ちゃんハレルヤはコーエン先生より、
少しジェフ・バックリーに近い気のする若く濁りのない、
だけどどこかに深い哀しみを湛えているようなハレルヤでした。

昨日は釜晴れで「スナック絢子」やってて、
ずっと飲んで喋って煙草吸ってたらしい。
で、この声の艶、伸び、声量。
しかもライブ進むほど、声が強くなってきてるやん。
どんだけ喉強いねん!!

「Super Mother」は、観客の合いの手「ヒッヒッフー!」(笑)
いやー楽しいなあ、ほんで落ち着くなあ。

この曲含め、今回よう演奏したアルバム「彼女について」のメイキング動画を。

ラストの曲のMC途中、絢ちゃんに、いきなりお金渡す観客(笑)
ええ場所や!ピースクラブ。
ラストの曲は「アメージンググレース」をベースに、
これから生まれる人たちへの歌。
「アメージンググレース」のメロディと
オリジナルのメロディの繋ぎ目が分からない。
矢野絢子、作曲能力もすごいなあ。

アンコールは「オルキー」、
高知の人が見つけた肉眼では見えないけど、
存在する星の名前らしい。
「いるから」の土佐弁の「おるきぃ」。
ええネーミングやなあ。

ラストの歌は「What a wonderful world」絢ちゃん訳。
絢ちゃんらしい、優しく、温かく、真っ直ぐな訳。
ああ来て良かった。
絢ちゃん、今年初なんで「あけましておめでとう」やけど
「よいお年をー!」。

主催の早苗ちゃんの要望もあって、
ダブルアンコール!
曲名迷う絢ちゃんに早苗ちゃんからリクエスト。
「汽笛は泣いて」
ワシも大好きな曲!早苗ちゃん、ナイス!!
この曲のピアノ、同じ音程で一定のリズム刻むとこが、
ほんまに汽車っぽくて、気持ちよくて、ほんまええ曲やと思う。

いつしか通天閣は闇に包まれ、綺麗な月が出ていた。
そんな時間経ったとは、思えなかったなあ。

打ち上げでMC以上の矢野絢子土佐弁に埋もれ、
出演者、スタッフ、フードの方まみれての大撮影会になだれ込む。
ああ、楽しいライブやった。
矢野絢子ちゃん、来年も絶対来てや〜〜!
また遊ぼうな。

矢野絢子ちゃんの音源はこちらから。

※今回、先にレポートあげた平田ママの写真が素晴らしかったので、
許可を得て、ほとんど平田ママの写真を使わせて頂きました。
平田ママ、ありがとう!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA