映画「アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ」。

なんじゃこの映画(笑)
構成も、ストーリー展開も、結末も、
型破りすぎる。
そして、おもろ過ぎる。
映画「アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ」を観てきた。

テーマは現代的、
舞台はルーマニアの首都、ブカレスト、
女性教師の夫とのプライベートなセックスがSNSに流出してしまい、
そのことで職業的に、追い詰められるって話なのだが、
前半は、その女性教師がブカレストの町を執拗に歩き回る。
ブカレストの町は、なんだか煤けた匂いのしそうな、
賑やかなのに、寂れた感じで、ちょっと好きになりそうな気がした。

冒頭には、その流出した夫とのセックスシーンの動画が流れるのだが、
その部分は日本版では、監督自身が作った画像がべったり覆われてて、
音だけで、全く見えない。
日本では仕方ないんだろうけど、
その監督の作った画像の言葉が面白いので、
全然ストレスは感じない。
でも、機会あれば、ノーカット版観て、
自己検閲版と比べてみたいなあ。

で、その町の徘徊のあと、ストーリーが展開するのかと思うと、
今度は、現代のルーマニアを含む世界の状況を、
パンデミックの状況も併せて、
たくさんの事象に分けて、ドキュメンタリー的に見せていく。

最後は、この女性教師が吊し上げられる保護者会。
そして、エンディングは、、
それは言わぬが花でしょう。

この構成、ビックリしたけど、
ブカレストって町を全然知らないワシにも、
なんとなく町の匂い、雰囲気、みたいなものが伝わったし、
数十年後、数百年後にこの映画を観た人にも、
ドキュメンタリー的な部分で、
状況が理解しやすくなるのかもしれない。
普通は、その辺、物語に組み込もうと苦労するのだろうけど、
それを組み込まず、ぶった斬ってやってしまうところが、
コロンブスの卵っぽくて、痛快ではあった。

コメディとしても楽しめる映画なので、
下ネタ、不得意じゃない方は、ぜひ一度、挑戦してみてください。

今は、一部地域公開ですが、今後、全国で公開されるようです。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA