南沙織「ヘイ!二才達」。

こないだの「ムジークフェストなら」で聞いてから頭から離れなかった
普久原メロディの「ヘイ!二才達」。
なんと、南沙織さんも歌ってたんやな~!!

「ニセタ」は「若者たち」っていう意味。
沖縄の人が使ってるのを聞くと「兄ちゃん」とか
「あんちゃん」に近い気がするんだけど、それは音から来る
思いこみなのかなあ~。
もしかしたら「青二才」的な意味なのかな?

作曲は、普久原恒勇さんで、作詞は朝比呂志さん。
朝比呂志はペンネームで、本名は普久原朝弘さん。恒勇さんの弟です。
つまり二人とも、沖縄音楽の父、「チコンキーフクバル(蓄音器・普久原)」こと、普久原朝喜さんの息子さんたちです。
男子家系の名前に「朝」をつけるのは、琉球王朝の貴族の伝統、って
聞いたとあるけど、普久原家もそうなのかな?

ちなみに恒勇さんは、「The Waltz」のローリーさんのお父さんでもあります。
民謡とは別系列の沖縄の名門音楽一家ですな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です