前田竜弥・池田慎 KOUTSUU展&とんちピクルス・ライブ@西成釜晴れ。

先週土曜日、昼の部はひっさしぶりの西成釜晴れで、
前田竜弥くんと池田慎さんの展覧会と、とんちピクルスさんのライブ。
「飯田華子さんの壁画こんなに進んでたんや!」と
びっくりするくらいの釜晴れブランクですわ。
とんちさんもときどき配信で観てるので、
久しぶり感ないけど、生で観るの、
もしかしたら今年初めてかな?

とんちさん、一曲やったあとで、
前田竜弥くんと池田慎さんがステージへ。


二人の交通に関する絵も面白い。
ワシは池田さんのアートのファンなのだが、
絵は初めて観るなあ。
アートとはまた違った面白み。
竜弥くんの書き割りみたいな不思議な絵も面白い。
竜弥くん、会うのめちゃくちゃ久しぶり。

前会ったときは小学生だったのかな?コロコロと可愛かった。
この日に会えるのが楽しみで来たのに、
姿が見えなくて「来てないのか〜〜」と思ってたんだが、
ステージにスラッとした好青年が来て、ビックリした。
竜弥くん、こんなに大きくなってたんか!!
喋りもしっかりしてて、二度ビックリさせられた。
しまった!!二人の絵を撮るの忘れてた!案内のハガキ、載せときます。

さて、ステージはとんちさんライブに戻る。
ウクちゃんネパちゃんは、おっ!二人の新曲やん!
「東京グラフティ」。
もちろん初めて聴く。
J・ガイルズ・バンドの「センターフォールド」の
イントロをサンプリングしてて、けっこう攻めてる曲やなあ。
ウクちゃん、ネパちゃん、やるやん!!
て、まあとんちさんが凄いのではあるが(笑)

休日の昼間の「カッコー夜風」は気持ちええなあ、
気持ち良すぎて、昼寝したくなってしまうくらい(笑)
「サマー太陽」で一部終了。
これも、とんちさんがやるのは、初めて聴くなあ。
夏っぽくて、やはり昼寝したくなる気持ち良さ。

二部は「遠くでひばりが鳴いている」から。
ちょっと落ち込んだ時、この歌はよく頭に浮かんでくる。
そんで、少し元気になれる。
ワシは落ち込むと、すぐ
「ワシが世界で一番情けなくて、アホなんちゃうやろか」モードに
入ってしまうのだが、
この曲を聴くと、みんな、同じように、自分のアホさに落ち込むんやなあ、
みんな、自分のアホさと付き合って生きていくんやなあ、
ということを思い出して、
アホな自分のまま生きていく気持ちが改めて芽生えてくるのだ。

おお続いて「夢の中で泣いた」。
さっき自分の中に、芽生えた生きていく気持ちが、
育っていくような気がする曲順。
じんわり温かくなってくる。
とんちさん、ありがとう!!

「濡れマンボ」の手品は、5回とも失敗(笑)
結局、諦めてしまう。

「どうだいドラえもん」から「鍾乳洞の長い旅」。
好きな曲が続いて嬉しい。
この二曲は、ほんまに名曲で、
いろんなミュージシャンからも、この二曲への賛辞を聞いた。

ラストは「その窓の光」。
これも初めて聴くなあ。
タイトルも、曲もええなあ。
次の機会にも、また聴きたい。

アンコールの「沖縄へ行きたい」で、
手品リベンジ。
今度は成功!

リングがオチなくて、ライブ全体にはオチがついた、ゆうことか(笑)
休日の昼間、ほんまほっこりさせてくれる、ええ展覧会で、ええライブでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA