「表現の不自由展かんさい」@エル・おおさか、入れず。

自宅からチャリで10分くらいのとこで、今日から3日間、
表現の不自由展かんさい」やってるので、行ってきた。
場所は、家から天神橋を渡ったすぐのエル・おおさか。

橋の手前から、街宣車のガナリ声が聞こえ始める。
音量はでかいけど、音質がバキバキに割れてて、何言ってるかわからない。
そう言えば、2〜3日前、家におるとき、
凄い大音量で、何言ってるか分からん車がおって、
15分くらいうるさかったのだが、
多分、コレやったんやろな。
何言ってるのか分からん大音量が住宅街、
これは、迷惑以外の何物でもないなあ。

橋を渡ると、街宣車だけでなく、道に溢れかえる反対派、賛成派、
そして機動隊の山。
建物周辺の路地を取り囲むように、バリケードまで出てる。

会場使用について、主催者と会場側で揉めてて、
使用を認めた一時判決に、会場側が上告したって話、聞いてたので、
一応、同じ建物内にあって、
無職時代、お世話になったハローワークとOsakaしごとフィールドってとこに
用事があって来た、という理論武装をして、
駐輪場を利用しようと思ってたのだが、
駐輪場も、もちろん立入禁止になってた。

少し離れたところに路駐して、会場を目指すと、今度は、
観客の長い列。
いちばん最後まで行って、並ぼうとすると…。

本日19時までの整理券はすべて終了したらしい。
「では明日の分は、明日9時から配布ですか?」と聞くと
「そうですが、今日も9時前には並んでたので、
8時頃に来られたほうがいいと思います。」と言われた。

すごい人気やなあ。
展示自体は、愛知の豊田市立美術館で観たので、
なんか、そこまでして、、って気もしてきた。
その豊田のときも、問題になってて、慰安婦をモチーフにした少女像は
撤去されてたが、この少女像自体、社会的意義はともかく
美術的意義は、そんなに感じないしなあ。
※ワシの個人的感想

明日、一応並ぶつもりやけど、寝坊したり雨降ってたりしたら、
止めてしまうかもしれんなあ、

けど、こんな個人の一表現に、目くじら立てる人たちが、
日米地位協定に黙っていられるどころか、
沖縄の米軍基地を推進してしまう理屈が分からないなあ。
※みんながみんな、そうではないとは、思いますが。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です