SSLC&浜谷俊輔@雲州堂。

本日は、家からチャリで10分もかからんとこにある北浜の雲州堂で、
昼間、SSLCと浜谷俊輔くんのノンアルライブ
出かける頃にちょうど雨があがる。
なんか、スーパーに行くついでに寄る感じで、これも悪くないな。

まずはSSLC。

なんかアズテックカメラみたいな爽やかで繊細なギター。
声も、ちょっと気だるさのある感じで休日の雨あがりの午後に似合う。
ちょっとチェリー・レッド・レコードを思い出させる感じやなあ。
ときどき挟まる、アレっと思う予想を裏切るメロディも面白い。

三曲めからはエレキに持ち替えて、
もうひとりエレキの女性加わってエレキギターデュオで。
ほほう、ボーカルは女性の方なんや。

エレキ2本と言っても、ジャカジャカするんやなくて、
あくまで静かな音楽。
なんかチェリーレッドと言うより、
クレスプキュールって感じがして来たなあ。
いずれにしろ大学時代の頃を思い出す、
甘酸っぱくて、好きタイプの音楽やな。

静かで隙間のある音楽なんは変わらんのやけど、
ちょっとずつサイケな感じになって来て、
気がつくと、なんやコクシネルを思わせるようなボーカルになってた。
普段はロックバンドやってて、
そのバンド内のフロントマン二人のユニットらしい。
けっこうバンドは激しいんやないかと予想。

再び一人で。
おまけで頂いたCDに、バンドバージョンが入ってるらしい
「雨が降る」という曲を、今日は弾き語りで。
弾き語りにピッタリの繊細な曲なんで、
バンドバージョンが想像できない。
家に帰って聴くのが楽しみだ。
京都の人たちらしい。まだまだ知らんええバンド、あるんやなー。
Tシャツがニール・ヤングやったのも、加点要素(笑)

次は浜谷俊輔くん。
去年、鈴木常吉さんの追悼の会で数年ぶりに会ったので、
ライブとなると、もう覚えてないくらい久しぶり。

浜谷くんの硬質で光沢のある音色なのに、
なぜか優しく聴こえるギターがいいなあ
頼りなさげに聴こえるけど、実は芯のあるボーカルもいい。
SSLCさんとも仲がいいみたいだけど
その理由もお互いの音聴いてると、なんとなくわかる気がする。

ときどき覗くブルースなフレーズ、
それに合わせるかのような、少し無頼な匂いのする歌詞も面白い。
MCで言ってたけど、金子光晴さんが好きならしい。
なるほどー。

浜谷くんを知ったのは、鈴木常吉さんがきっかけ。
浜谷くんが鈴木さんを大好きで、
何度か鈴木さんのライブを大阪で企画したので、
その縁でライブも観せて頂いた。

一度、鈴木さんが大阪ツアーの直前に足の骨を折ったことがあって、
一人ではアコーディオンとギター、運べない、と困ってるところ、
大阪でのライブ用にギターを貸したのが、浜谷くん。
ワシは、その頃、鈴木さんの関西ツアーは、
アテンドすることになってて、
「骨折った鈴木さんのアテンド、めんどくさそう」と思ってたので、
「浜谷くんがギター貸さなければ、中止やったのに」と少し恨んだが、
今となっては、爆笑珍道中になったので、感謝している。
それが、もう10年くらい前なんや。
早いもんやなあ。
ということで、ライブ前に去年釜晴れで聴いてすごく良かった「アカヒゲ」を、
リクエストしてた。
今日のアカヒゲもすごく良かった。
メロディは浜谷くんぽく変えてるけど、
そのまんま歌うより、浜谷くんの「この歌を自分のものにしたい」
という気持ちが感じられて、鈴木さん喜ぶ気がする。

オリジナル曲に戻る。おおむね穏やかな印象ではあるのだが、
なんかどこか攻撃的な部分もある気がする。
たぶん自分の音楽と、そして自分と、真摯に向き合ってる人の音楽は、
こういう風に聴こえるのだろう。

ラストの曲は、少し童謡っぽくて、昭和歌謡も混じってる感じけど、
ノスタルジーとかじゃなく、
ちゃんと今を生きてる曲って気がして、響いてくる。
結果的にノスタルジーやファンタジーになるのはいいんやけど、
最初っからそれだけを目指してる空っぽな音楽とは、
明らかに違う印象があった。

その次は三人で。

曲名とか聞き取れなかったんやけど、
アメリカのバンドのカバーらしい。
なんとなく曲調からすると、元々はかなりポップな曲やと思うんやけど、
これがこの三人でやると、
なんとなくだるっと隙のある仕上がりになるのが面白い。
こういう感じ、好きやなあ。

男性二人になって、お互いの曲を一曲ずつ。
ラストは浜谷くんの曲で「火の海」。
内省的な視点と激しさと併せ持つ、ちょっと面白い曲やったな。

浜谷くんに声かけてもらわなかったら、行けてないライブやったなあ。
鈴木さんのことも思い出せたし、声かけてもらってありがとう!

客席には、グラサンズのこーちゃんもいた。
こーちゃんは楽器職人でもある。
そう言えば、浜谷くん、こーちゃんの楽器使ってるって言ってたな。
今は、群馬県に移住したこーちゃん。
なかなか会えないので、喋れてよかった。

ライブ後、ほんまにスーパーに寄って、納豆とネギ買って、
家帰っても、まだまだ明るい、
ええ休日雨上がりの午後、ノンアルライブでございました。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です