ShinBow&木村充揮@パラダイス第一夜withくでけん。

昨日、一昨日とうちから5分の下町パラダイスに。
ShinBowさんと木村充揮さんのライブ観に行ってきた。
味わいは、違ってたけど、二日とも素晴らしいライブでした。
まずは、第一夜のレポートから。

この日は、オープニングアクトで、くでけんさん登場!
こないだ、FLATであった砂川たかゆきくんのライブで久しぶりに会って、
仲良くさせていただいてる。
今回のライブのこともくでけんさんから教えてもらった。

オリジナルの「知らない国へ」。初めて聴くけど、ええ声したはる!!

このくでけんさんとの距離!!
エリさんの陰謀やろか、ワシ、ステージの真横の席に座らされた。
後々の木村充揮さんのライブのこと考えると、
少し荷が重い気がする(笑)

そして波の音の響く中、しんぼうさん、ゆるりと登場。
波のように、二つの音を繰り返す三線、
その向こうから漏れ聞こえるような声。
観光客には知られてない沖縄ののんびりとした海辺の田舎に
ヒュンと心が飛んでしまった。
この人、やっぱりすごいわ。

普通の二倍くらいのゆっくりさの「安里屋ゆんた」。
これはコーラス入れずにShinBowさんの声だけで聴きたくなるな。
「新安里屋ゆんた」から元の「安里屋節」と続けて。
元の歌には、竹富の生活から生まれた歌の、
その上にShinBowさんの人生が重なっているように聴こえた。
ほんまに、これがブルースやなあー!

「ラストダンスは私に」。
実はワシはこの曲でShinBowさんに惚れた。
ワシ以上の歳の方なら誰でも知ってるような有名曲だが、
ShinBowさんの声と三線を通すと、それはもうスタンダードナンバーというより、
沖縄民謡でしかなくなる。
いや、沖縄民謡とも少しちゃうか。
ShinBowさんの歌は沖縄民謡の王道からは外れているのかもしれない。
歌も三線も独学で極められれてしまった。
沖縄民謡っぽくも聴こえるのは、ShinBowさんの血の中に、
育った沖縄の民謡が溶け込んでいるからだろう。
強いていうなら、沖縄民謡とスタンダードナンバーがチャンプルーされた
ShinBowさんのブルース、というのが、ワシ的には一番近い気がする。

「黒の舟唄」。
ときどき、張り上げるような声も出されるが、
どんな大きな声出しても、
その声は最後は余韻を残して夜空に溶けていく。
ああ、外の見える席に座って良かった!と少し思う。
「黒の舟唄」のメロディで「十九の春」の歌詞。
へーこんなに合うんや!
ShinBowさんが解説してくれはったけど、
両方七五調でできてる歌詞だかららしい。
「十九の春」沖縄民謡のように思われてるけど、
やっぱり与那国小唄〜筑豊炭鉱から来た内地の歌がルーツなんやな、
ということを実感できた。

ShinBowさんのうちなー語講座も面白い。
てるりんさんと言い、せいぐゎ〜といい、
沖縄民謡を究めたウタサーは、曲の本質、その言葉の持つ本来の意味や力にもこだわるので、
優れた言語学者的側面も持つようになるものなんかもしれん。

何を歌っても、最後にはShinBowさんの生活の歌になることに感心してしまった。
繰り返すけど、これこそブルースやなあ。
ラストは沖縄県民なら誰でも歌えるという「てぃんさぐぬ花」。

エリさんが写真撮っててくれた。
いやあ、ほんま近すぎるわ!

そして木村充揮さん。

こんなかぶりつきで観るん初めてやろなあ。
木村さんまで50センチ、おまけこの店は、うちから50メートルくらいのと。
おお!「ジョージア・オン・マイ・マインド」。
この人も何歌っても、木村さんが沁み出した生活の歌になる。
やはり木村さん、言わずもがなのほんまもんのブルースマンや。
スタイルとしてのブルースではなく、ほんまもんのブルース。

ほんま近すぎて、演奏中、目が合いまくる!照れますわ〜。
はいはい、突っ込み、期待してはるんですよね?
間悪いかもしれんけど、頑張りますわ!

この人は、ほんまに美味そうに酒を飲む。
タバコを吸う。
その雰囲気は客席をもすぐ巻き込む。
ほんま和気藹々やなあ。客席からみんな突っ込む突っ込む、
ステージからボケる突っ込む。
忙しいわ!(笑)

おおお!「石狩挽歌』!!
久しぶりに聴くなあ、すげえ爆発力!!

もうダジャレだらけ。多すぎて、突っ込むのめんどいわ!(笑)
そーゆー大騒ぎの笑いの輪から、
めっちゃきれいな音が聴こえてきたりするんで、油断できん。
「テネシーワルツ」も極上やった。
「嫌に

なった」も最高っす!

ラストソングは「ケセラ」。
アンコールの声に「終わりじゃ!!」(笑)
二時間近くやってくれたんで、もう飲ませてあげましょう。
歌いながらも飲んでたけど(笑)

このライブ、 ShinBowさんのラブコールで実現したらしい。
それがわかるShinBowさんの嬉しそうなお顔でした。

と言いつつ、ワシも二人の間で撮ってもらって、めっちゃ嬉しかった。

くでけんさんとも撮りました!

アフターライブ、楽しそうやったし、延々と続きそうでしたが、
ワシは次の日の朝に予定あったので、
早めに切り上げさせてもらいました。
帰り際、木村さんから突っ込み方、少しダメ出しありました(笑)
精進させてもらいます!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA