人間ってええなあ。泣いて、笑える映画「スワン・ソング」。

実在の元ヘアメイクのゲイの老人の物語というのと、ポスターだけ観て、
「おもろそ〜〜!」と思って、予告編も観なかったので、
てっきりキラキラしたおじいさんのコメディやと思って
行ってしまった映画「スワンソング」。

確かにコミカルな部分もあるけど、
どうしてどうして、その頃のゲイの生き辛さや、今にも繋がる社会問題や、
人と人の繋がりの美しさまで描写する、骨太の観応えある映画やった。

脚本がようできてるわ〜。
主人公のキャラクター設定が、しっかりしてるし、
それを、ほろっとするエピソードや、笑えるシーンや、
ちょっとした仕草で、自然に伝えてくれる。

たぶん、同じ町内でそれほど離れてないんやろうけど、
老人が歩くには、結構な距離なのだろう。
主人公が歩きながら、いろんな人と出会う様は、
ロードムービーにも思える。
行く場所行く場所の出来事で、
主人公の過去や、その時感じたことが、
明らかになっていく過程が、面白くて、
それに対しての主人公の今現在の反応も興味深くて、
最後には、この癖ある主人公が好きにならずにはいられなくなってる。

終わり方も、すごくよくて、観終わったあと、
キュンとしつつも、爽快な気持ちになっている。
ギャグとか御涙頂戴とかの軽いことではなく、
人間というものをきちんと描いた上で、
人と人との繋がりで、泣いて、笑えてしもた。
ちょっと癖あって、とっつき悪いけど、
酸いも甘いも知り抜いた人生の大先輩が、
人生の終盤で、過去の自分と向き合って、
清々しい気持ちで残りを過ごす素晴らしい映画でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA