京都小旅行④映画「カウラは忘れない」。

翌朝、朝食を済ませて、再び京都みなみ会館へ。
映画「カウラは忘れない」を観に行った。

最近、戦争難民や収容所の話は、たいてい観てるので、
第2次世界大戦中、オーストラリアにあった日本人捕虜収容所を舞台にした
このドキュメンタリー映画を観逃すわけには行かないと思ったのだ。

果たして、この映画は、他の収容所とは大きく違っていた。
ジュネーブ条約を批准していたオーストラリアは、
捕虜にも十分な食事や医療があてがわれていた。
自治も認められ「肉より魚が欲しい」という要望にもある程度応えてくれた。

なのに、捕虜は、命を賭けて、脱走を試みた。
実際、捕虜234人、監視兵4人が死亡した。
彼らを死へと走らせたのは、敵ではなく、味方。
「生きて虜囚の辱めを受けず、死して罪過の汚名を残すこと勿れ」という言葉。
帰ってから、「捕虜になってた」と知られると、
家族までもが地域で生きにくくなる、という恐れ。
死に場所を探して、成功したとしても行く宛のない脱走を試みたのだ。

オーストラリアが戦場だったことも知識としては知ってたが、
これほど、いろいろあったとは実感してなかった。
そして、その場に自分がいたら、どうするだろう、と考えずにはいられなかった。
捕虜になることは死ぬよりも恥ずかしいこと、
家族にも迷惑がかかる。と考えると、
もしかしたら、、という思いが頭をよぎる。

実際、生き残った人も、捕虜になったことについて、
長い間口を閉ざしていたらしい。
何人かは、家族に戦死の知らせが届いていた。
いとも簡単に人を生死の戦いに巻き込み、
その生死をきちんと確認せず、死んだことにしてしまう。
ほんまに国というのは、なんて理不尽な装置なんだろう、と思わずにはいられなかった。

捕虜の中で、ただ一人、この企てを知らなかった人がいる。
ハンセン病で隔離されていた方だ。
その方の亡くなった仲間への思いと、その後の人生がこの事件を際立たせる。
この方も含め、生き残った人は、一様に罪悪感をどこかに背負っている。

戦争のもたらす心の傷は、その人の一生を縛り付けるものなのだな。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA