映画「弟とアンドロイドと僕」。

ちょっと先週、今後のレポート、どうして行こうか、と
アホなりに、いろいろ思い迷っていて、
レポートできなかったんですが、
ようようなんか吹っ切れた気がするので、
先週観た映画やら展覧会やら、まとめてレポートします。
もしかしたら、以前となにも変わってないかもですが。

まずは「弟とアンドロイドと僕」。

阪本順治さんが「これを撮らなければ自分は先に進めない」とまで言わはるので、
気になって観に行った。
う〜〜む、阪本さんの進もうとする先が、まったくわからなくなった。
阪本さんは、この映画で先が見えたのかもしれんが、
ワシは、映画を見てる間中、迷子になってたような気分やった。

雰囲気は素晴らしい。
全編雨というのも印象的やし、セットも素晴らしい。
「自分の存在が信じられない」というテーマも面白いし、共感もする。

だけど、ストーリーがまったく見えてこなかった。
「映像詩みたいなもんで、ストーリー追わなくていいのか」とも思ったんだが、
その割には、映像に現れない部分で、物語は進行しているようでもある。

阪本さんの内面のトラウマを顕在化させる作業だったのかなあ、
とも思う。
だとしたら、これからの阪本さんの行く先を見ていて、
ふっと振り返ったら、この映画の持つ意味が視えてくるのかもしれんな。

豊川さん、安藤さん始め、出演者の芝居は、
一週間近く経った今でも、ひとつひとつ思い出せるくらい、
印象的で、良かったです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA