よくできた自分探し物語なのだが。映画「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」。

ライターものってことで興味を持って「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」を観てきた。

よくできた物語。恋愛あり、失敗しながらの成長あり、
面白いエピソードあり、グッとくるシーンもあり。
要素的にも過不足ないし、
ユーモアもところどころ入ってて飽きさせないし、
映像もセンスいいし、ラストシーンには、爽快感もあるのだが、
う〜〜む、なんとなくしっくりこない。

なんだなんやろ?
観終わってからしばらく考え込んでしまった。

なんとなく思ったのは、主人公が「どうしても書きたい」と思ってるモチベーション、
そして、なぜそう思うのか、が、ワシには見えてこないのだ。
もしかしたら、ワシが見落してるだけなのかもしれないが。
その結果、彼女が、どんな文章を書くのかも想像できない。
想像できないゴールラインに共感はしずらいよな、と思った。
要素的には、きちんと揃った映画だけに、残念ではあった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA