「悪の凡庸さ」について。

なんか、いろいろ当てはまる気がする。
映画「ハンナ・アーレント」を観て、中村敦夫さんが考えたこと。

楽になるのかもしれんが、思考を停止するということは、
つまり、そういうことなのだと思う。
ひとりずつ、少しずつでも、考えて行こう。
自分で考えたことで、人の意見と戦って行こう。
日本という国を愛する、と言うのは、そう言うことだと思う。
「愛国心」という言葉を、右翼の人から、取り戻したい。
「日本が好き」と言うと、右翼と思われる現状を変えたい。
ワシは誰より、日本が好きやと思うし、
桜も富士山も大好きだけど、全然右翼ではない。
かと言って左翼でもない。
ただ、日本が好きで、この国に生まれたことを誇りに思って、
この国で、死にたい、と思ってるだけの男だ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です