映画「カモン カモン」。

ずっと行こうと思ってて、なかなか行けなかった映画
カモンカモン」を観て来た。
いい映画やった。
ホッコリするけど、それだけじゃなく、
今の子どもたちが面してる問題にも正面から取り組んで、
自然にストーリーに組み込んでる。
職人の技を感じるような完成度の高い映画だった。

ストーリーとしては、取り立てて突飛なところはないけれど、
少しずつ、エピソードを積み重ねて、丁寧に作られているイメージ。
まあ、それより何より、ホアキン・フェニックスと子役のウディ・ノーマンが
とにかくいい。
この二人がいなければ、もしかしたら凡庸な映画になってたかもしれんなあ、と思う。

演技が自然で上手いのと、映画の作りもあって、
観てるうちに、ドキュメンタリーを観てるような感覚になってたりもした。

まあ、ワシ、老人と子どもの友情物語みたいなんは、大抵好きなんで、
ワシの評価からは、ちょっと割り引いて観た方がええかもしれない。

おっさんと少年の友情、ということでは、
「ヴィンセントが教えてくれたこと」を少し思い出した。

おっさんのダメ度が、ビル・マーレイのボロ勝ちなので、
個人的には、「ヴィンセントが教えてくれたこと」の方が、
好みではある。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA